日焼け止めの副作用について

日焼け止め 副作用 画像

色黒よりは色白のほうがもてはやされますし、
肌へのダメージ、老化を考えるなら美白ケアは
欠かせないものです。

 

そのため、コスメ業界ではさまざまな美白、美肌商品を
販売していますよね。

 

オールシーズン、特に夏場は日焼け止めは欠かせない人が
多いと思います。
日焼け止めには意外にも副作用があるのを知っていますか?

 

副作用を気にして使ったことはあまりないでしょうが、
日焼け止めにもそのような心配があるので気を付けて
使わなければいけません。

 

 

甲状腺機能が低下する

日焼け止め 副作用 画像

 

日焼け止めに含まれている一部の成分は、甲状腺の機能を低下させる
副作用があり、疲労感や倦怠感、髪の毛や皮膚が乾燥して
パサパサになりかさついた状態になってしまうことが
海外の検証で明らかになっています。

 

また、アレルギーを起こす可能性もあるため、日焼け止めを選ぶ際には
成分に紫外線散乱剤を使用しているのか、紫外線吸収剤を
使用しているのか、確認してから購入しましょう。

 

 

皮膚呼吸が阻害される

 

効果が高い日焼け止めは、皮膚呼吸を阻害する可能性があります。
重ね塗りするような使い方は特に、皮膚呼吸ができない状態に
してしまいますから、使用には注意が必要です。

 

 

ナチュラルorケミカル

 

日焼け止めは副作用の可能性はありますが、紫外線から肌を
守る大切なアイテムで、決して悪いものではありません。

 

しかし、その日焼け止めがナチュラルなのか、ケミカルなのか
というところがポイントなのです。

 

ケミカルとは最もよく使われているもので、化学日焼け止めのこと。
リーズナブルな価格なので一般的に流通しており、すぐに
手に入れられるため使用している方は多いでしょう。

 

ナチュラルなものは鉱物日焼け止めです。
チタン、ジンクなどを使用しており、肌にやさしく、肌の弱い方も
安心して使用することができるのが特徴です。

 

紫外線吸収剤はホルモン異常、アレルギー反応を起こす可能性が
あるため、日焼け止めを選ぶ際にはケミカルよりナチュラル処方の
商品を選ぶようにしましょう。

 

アームカバー、日傘などを使うのもいいですね。

 

しかし、やはり日焼けはしたくない、シミを増やしたくないことから
日焼け止めクリームは欠かせないですよね。

 

日焼け止めクリームのことをよく知り、正しい使い方をして
安全に日焼け対策をしていきましょう。

 

日焼け止め 副作用 画像

 

また、近頃は日焼け止めクリームではなく「飲む日焼け止め」
ブームになっており、インターネット上ではすでに多くの方に
注目されているアイテムです。

 

日焼け止めクリームは塗る手間、塗りなおす手間、重たい感じが
暑苦しいですが飲む日焼け止めなら飲むだけなので、それなら
毎日気軽に続けられるでしょう。

 

比較的リーズナブルな商品からハイクラスな商品までそろっているので、
まずは試してみたい方はお試しセットなどを購入してみてはいかがですか?

 

肌との相性を気にせず日焼け対策ができるので、飲む日焼け止めは
とてもおすすめの商品でしょう。
副作用の心配もないので、安心して毎日飲めますよ。