日焼け止めの使用方法について

日焼け止め 使い方 画像

日焼け止めの使い方を気にしたことはありますか?
肌に塗ればいいのだから、何も考えずに塗っていた
という方が多いと思います。

 

実際、日焼け止めクリームをそうして塗れば日焼けを防ぐことは
できますが、正しい使用方法でないと肌に負担がかかってしまい
ダメージを蓄積させてしまうのです。

 

正しい日焼け止めの使い方を熟知し、安全に使用していきましょう。

 

メイクの上から塗り直しができる日焼け止め、パウダー、
液体、スプレータイプなどさまざまなタイプの日焼け止めが
あるので、使用方法を改めてチェックしましょう。

 

 

基本的な使用方法

 

日焼け止めの基本的な塗り方は、顔に使う場合は日焼け止めを
手の平に適量をとり、よくなじませてから顔に塗っていきます。

 

腕に使用するときは、腕に直接日焼け止めを適量たらし、
反対側の手でねじるように腕になじませてください。
雑巾絞りのようなイメージです。

 

そんな使い方でいいの?ズボラ。と思われるかと思いますが、
腕や足に使用するときにはこの方法が一番均一に塗れる
方法なんです。

 

ほとんどの方がこのような使用方法を自然と行っているのでは
ないでしょうか?
いつものやり方で使用すればいいので、難しいことはないでしょう。

 

 

クリームタイプの日焼け止めの使用方法

日焼け止め 使い方 画像

 

一般的なクリームタイプの日焼け止めですが、メイクの上から
どのように塗りなおすのか疑問ですよね。

 

まずはティッシュオフして皮脂を落とし、少量の日焼け止めを
指先にとり、頬や鼻、顔の高い部分にトントンと押さえつけるように
塗ります。

 

メイク崩れもしませんし、日焼け止めの効果も長く続くので
おすすめの塗り直し方です。

 

ただ、ここで注意するのは皮脂をオフする際のティッシュの使い方。
その後の皮脂分泌にかかわるので、しっかり皮脂を落としてしまうよりも
軽くティッシュオフする程度にとどめましょう。

 

 

スプレー、UVパウダータイプ

 

夏場など、紫外線が強い時期には1日のうち何度か日焼け止めを
塗りなおす必要があります。

 

塗りなおすことを考えると、スプレーやUVパウダータイプの
日焼け止めがお手軽でおすすめです。

 

塗り直し方法は、まず余分な皮脂をティッシュなどで落とします。
このとき、皮脂を落としすぎるとあとで皮脂が過剰に
分泌されるため、軽く落とす程度にしてください。

 

脂取り紙の使用は余計に皮脂が分泌されてしまうので、
ティッシュの使用がもっともおすすめです。

 

余分な皮脂を落としたら、スプレーやパウダーをムラなく
ふりかけていくだけです。

 

クリームタイプと比べると手軽に塗りなおすことができます。

 

 

本当はオフしてから使ったほうがいい

日焼け止め 使い方 画像

 

日焼け止めの効果をしっかりと引き出すなら、やはりメイクを
一度オフしてから塗りなおすほうがいいです。

 

しかし、オフィスで働いていたりするとメイクを落として
日焼け止めを塗り直し、またメイクをするというのは難しいですよね。

 

ランチタイムを使ったとしても、そこまでの時間の余裕はないでしょう。

 

なので、メイクをしているときの日焼け止めの塗り直し方法を
正しく知っておくことで、簡単に、きれいに、手間なく
日焼け止めを塗り直すことができますよ。

 

間違った塗り直しは肌に負担になったり、効果を出すことができないので、
ここで紹介した塗り直し方法をぜひ実践してください。