日焼け止めの効果、有効成分について

日焼け止め 成分 画像

紫外線が強くなる時期になると、ドラッグストアには
さまざまな日焼け止めがずらっと並びます。
その中から選ぶのはとても大変なことですよね。

 

中には肌に負担がかかる成分もあるため、日焼け止め
クリームを選ぶ際には宣伝文句よりも成分に注目して
購入することが大切です。

 

 

紫外線散乱剤とは?

 

紫外線散乱剤とは、成分の粒子で光を反射させて紫外線から
肌を守るというものです。

 

成分は主に二酸化チタンで、肌の上で化学変化を起こさないため
肌に負担がかかりにくく、優しい使い心地が特徴。

 

ただ、紫外線散乱剤は白浮きしたり使い心地はあまり
良いとは言えないのが難点です。

 

肌にやさしく、敏感肌の方でも使用できることは確かなので、
多少の白浮きさえ我慢すれば肌トラブルなく使用できます。

 

 

紫外線吸収剤

日焼け止め 成分 画像

 

紫外線吸収剤はほとんどの日焼け止めに含まれている成分です。
紫外線を吸収することで化学変化し、熱に変換させて
肌に紫外線ダメージを与えないようにします。

 

紫外線散乱剤のように白浮きしませんし、肌にぴったり
密着するので使用感は良いです。

 

ただし、長時間使用すると肌に負担がかかってしまいます。
UV-Aを吸収する成分の含有量は少なく、紫外線吸収剤だけの
処方では完全に紫外線をカットすることはできません。

 

 

日焼け止めは肌に良くない?

 

日焼け止めは肌によくないといわれていますが、それは
紫外線吸収剤が含まれているためでしょう。

 

石油由来の合成成分なので、確かに肌にあまり良いものではないです。

 

紫外線散乱剤は反射させるだけの成分ですから、紫外線吸収剤より
肌ダメージが少なく安全です。

 

紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こしているため、肌の上で
理科の実験が行われているようなもの。

 

肌が弱い人が使えばかぶれ、湿疹などを起こす可能性が多いので
紫外線吸収剤を使った日焼け止めは肌に良くない!と言われているのです。

 

最近は肌の質にかかわらず誰でも安全に日焼け対策できる
飲む日焼け止めも販売されているので、そのようなアイテムを
使い対策することもおすすめです。

 

 

日焼け止めの購入は成分をチェックしてから

日焼け止め 成分 画像

 

毎日日焼け止めを使用するなら、肌への負担が少なく
安全な紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを使うのがおすすめ。

 

肌への負担が少ないので毎日使っても大丈夫です。

 

ただ、紫外線を長く浴びる場合は紫外線吸収剤を含む
しっかりと日焼け対策ができるものを選びましょう。

 

日焼け止めは成分で使い分けをして、その日の紫外線量に合った
ものを使うようにするのが正しい使い方です。

 

ちょっとした買い物などの外出ならSPF20程度のもので
十分ですから、日焼け止めを購入するときには、数種類の
商品を購入し、毎日使い分けをして臨機応変に対策しましょう。

 

太陽の下に長くいなければSPF20〜30程度のものをこまめに
つけているだけでも十分。

 

できるだけ肌にやさしい使い方をして、安全に日焼け対策をしていきましょう。
正しい使い方、選び方をしていれば肌トラブルで悩む可能性は
ぐっと下がりますよ。